海外ツアー 添乗員も泣きたいトラブルはある!③元ツアコンひとりごと

こんにちは😃

今日は私と、私の添乗員仲間が遭遇した海外での「トラブル」をご紹介します。

日本ではあり得ないことも、海外では何の予告もなく起こります。

飛行機や列車のストライキ、観光地の休館日etc

添乗員はある程度のトラブルには動揺などしませんが、旅行行程に支障が出る…

となると、マジ凹みます(-.-;)y-~~~

ローマで突然の機材変更!

ローマからギリシャ・アテネへ移動する時の出来事です。

ローマの空港カウンターでチェックインをするつもりが…

「予定していた飛行機がトラブルで使えない。代わりの機材は少人数用なので、あなたのグループは乗れない。」と(・・?)

「いつ飛行機に乗れるの?」と訊いても「さぁ。わからない。このクーポン($10)を使って空港内で待ってて。」

いやいや、そりゃ困る!

午前中に移動しないと「パルテノン神殿」に行けないじゃん!!

他のグループの添乗員達はクーポンを受け取りお客様に配ってたけど(おそらく、ベテラン添乗員なのだと思う)…

そんな事、「パルテノン神殿には行けなくなりました」なんてお客様に恐ろしくて…とても言えない…

パルテノン神殿

必死に、半分涙目になりながら…

「なんとか乗せてー!」と訴えていると…

よっぽどすごい勢いだったのか?可哀想に思ってもらえたのか?(笑)

「OK!」とカウンターのおじさんは私達の搭乗券、しかもビジネスクラスで出してくれたのです!!(๑・̑◡・̑๑)ラッキー!

後ろの方で待っていたお客様は…

なんでビジネスクラスに乗れるのか?よくわかっていない様子でしたが(私が説明しなかったので)、とっても喜んでました!

「女の子=私(笑)」の涙に負けたのかな?無事に、その小型の飛行機に乗り〜

ギリシャの「パルテノン神殿」もバッチリ観光できました!

皆さんも海外で同じようなトラブルに遭ってしまったら…

女性なら「女性の武器」を使って、諦めないで粘ってみてください。

アッサリいい結果が出るかも?

スポンサーリンク


スイス国鉄のストライキ

このトラブルは私の同期に起こった出来事です。

これが原因で彼女は添乗員を辞めてしまいました。それは…

TGVでジュネーブからパリに移動で駅に行くと….国鉄がストライキ。

予約していたTGVも動きません。

ヨーロッパでは、なんの予告もなしにこんなことがよく起こります。

パリ エッフェル塔

TGV

でも、その日の内にパリに移動しないと、翌日は日本に帰国する日です。

仕方なく、現地手配会社がバスをチャーター。

ジュネーブ駅からバスに乗った同期の添乗員は、お客様に事情を説明。

パリの観光は到着時間が夜遅くなるので出来ないこと。そして…

チャーターしたバス代を、お客様全員から集金させていただきたいとお願いし…

そうなんです!

この場合の「バスのチャーター代金」はお客様負担になるのです!

なぜか?

スイス国鉄のストライキは旅行会社に責任はなく、予告もないのであらかじめこの行程を避ける事はできません。

なので旅行会社に責任はなく、バス代も払う義務はありません。

でも…バスに乗ってでもパリまで行かないと、日本に帰る飛行機に乗れません( ; ; )

私の同期は…パリの観光も出来ない、バス代は払わなければならない、納得出来ない!

…とお怒りのお客様に謝罪をしながらも集金をし…

「もうやってらんない!」と添乗員を辞めてしまいました。

まとめ

ご紹介したのは、かなり稀なトラブルですが…

もし皆さんがこんなトラブルに遭遇したら…(お怒りはごもっともですが…)

添乗員の気持ち、立場にご理解をお願いしますm(_ _)m

添乗員も…きっと、心の中で…泣いてるので…

関連記事☆海外ツアーでの恐怖体験

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする