年賀状 印刷はここに注意!/元旦と元日の違いは?

年賀状は1月1日必着で投函しよう!

こんにちわ〜

そろそろ年賀状の準備が始まりますね。

ぶっちゃけ、憂鬱…(^^;

卒業以来、何十年も会ってない学友と年賀状だけやりとりしてる…

「年賀状友達」もまだまだいます(^^;

年賀状をもらうのは嬉しいけど、

書くのがメンドイ…(なんて思ってはいけませんね)

でも、頂いた方にはきちんと返してます。

準備は毎年11月の終わりころ。

面倒な事が嫌いなので、スマホから注文印刷してます。

カード清算できるし、できあがると自宅に送られてくるので超便利!

「今年こそは元旦に届くように書こう!」と思うのですが…

結局、年賀状を出すのは12/31。あ〜

元旦とは1月1日の朝のこと

たまたま読んだサイトで…

元旦とは➡︎1月1日の朝のこと…

と知り、ショックー!

だって…
私の年賀状は、ほとんど1月2日〜3日に到着してるはず。

でもでも…
印刷されてる年賀状には「元旦」って書いてある〜∑(゚Д゚)

「元旦」って書いてある(^^;

そもそも…
年賀状は1月1日の午前中に届く、のが礼儀だそうです。。

そのために郵便配達の方々は早朝から
頑張ってくれている、そうなんです。

「元旦=1月1日の朝」に到着してないのに、

私の年賀状にはしっかり「元旦」って書いてあるわけで…

これは恥ずかしいことです(^^;

なので〜

毎年、元旦(1月1日)に届くように投函してない(できない?)方は…

年賀状に「元旦」と書かない、

または書いてあるものを選ばない方がいいですね(^^;

知らないって怖い…

でも…注文印刷の年賀状のデザインって、

よーく見ると「元旦」の文字がほとんどあります。

私のような方〜注意しましょうね〜!

(さっさと書けばいいんだけどね^^;)

元旦と元日の違い

☆元旦=1月1日の朝

☆元日= 年の一番最初の日を指し、1月1日のこと

ついでに…

☆正月=1月の別名である事から1月1日から31日まで

お正月って「三が日」と言う言葉があるので1月1日〜3日までのことだと思ってました。

並べてみると…

へぇーそうなんだぁー!

って改めて勉強になりますね〜

知らず識らず…間違った使い方してるかも??(^^;

スポンサーリンク


お年賀とは?

ついでに「お年賀」を調べてみました。

新年の挨拶回りの手土産のことで、

昔は神様へのお供え物を贈り合う習慣があったそうです。

この習慣がだんだんと「お年賀」と呼ばれるようになりました。

また「お年賀」は手渡しが基本で、

1月1~3日の三が日に渡すのがマナー。

どうしても渡せない時は7日までならOK!

7日を過ぎる場合はお年賀ではなく「寒中見舞い」になるそうです。

なるほど〜(*^^*)

終わりに

毎年、なんとなく過ごしていた「お正月」に関することをサクッと勉強してみましたが…

知らずに恥をかいていた?と反省(笑)

みなさんはいかがですか?(*^^*)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする