笑点 観覧しました! 応募方法と番組収録観覧の詳細はこんな感じです!

笑点 番組収録観覧の応募方法

毎週日曜日・夕方5時半から放送の「笑点」。

1966年から放送開始をされた、超ご長寿番組です。

日本人なら知らない人はいない、現在でも視聴率が15%もある人気番組です。

私も子供の頃から、この番組と「サザエさん」を楽しみにしていたのを覚えています。

今回、この笑点の公開収録観覧を応募したのは私の友人なのですが…

ハガキを出して、1回で当選!!

当選ハガキ

「公開収録」の募集は、ほぼ毎月行われています。

1回に翌月2週分の収録が行われます。収録にかかる時間は約2時間半。

応募前に注意していただきたいのは、小さなお子さんは入れません。

また、会場の後楽園ホールはビルの5Fなのですが全員階段で上がらなければなりません。(車椅子は別)

スポンサードリンク

ハガキでの応募

応募先

☆〒105-7444

東京都港区東新橋一丁目6-1

「日本テレビ  笑点 観覧希望」係

ハガキに下記を記入してくださいね!

・観覧希望日

・住所、氏名、年齢

・観覧希望人数

・観覧希望者全員の氏名

☆ハガキは普通ハガキでご応募ください!(往復ハガキではありません!)

☆大喜利放映中にテロップが出ます!

WEB応募

日テレ「笑点」ホームページの「収録参加者募集」から応募できます。

ただし、締切っている場合もあるのでその時は次回の募集を待ってくださいね。

☆笑点公式ホームページ

募集倍率は?

毎回、2回分の募集で約ハガキが約3千通、メールで約1万件の応募があるそうです。
その中から、約920名が当選です!

計算すると…約14倍!

また、WEBよりもハガキの方が当たりやすい、と言われています。

その理由は…ハガキ応募とWEB応募の両方にあらかじめ当選枠が定められているそうです。

ハガキ応募の方が数が少ないので、当たる確率が高いそうです。

募集の際は、番組終了後テロップに出ますので、是非ハガキで応募してみてくださいね!

当選ハガキの到着は?収録日の10日前

今回、私の友達は12月中旬にハガキで応募。当選の連絡ハガキが届いたのは2/7。

収録日は2/17なので、10日前になります。

ギリギリですね(^^;

笑点・公開番組収録はこんな感じです!

収録場所は後楽園ホールです。JR水道橋から徒歩5分。東京ドームの隣りです。

開場2時間以上前から行列が?!

収録会場が開くのは12時半。

しかし…11時過ぎには既に200人以上の人達で行列ができてます!(^^;

せっかくなので、出来るだけ前方に座りたい方々が、朝早くから並んでるようです。

私達は近くでランチを済ませ、12時15分頃行列の最後尾へ。ずいぶん長〜い行列になってます。

公開録画の注意事項を読んで驚いたのが…

最後尾にいる係員にハガキを渡すと公開録画の詳細が書かれているプリントを渡されます。

580番を受け取った際、「立ち見」について尋ねると…

「今日は大丈夫です。人数が多い日は立ち見になる時もありますが」と係員。

立ち見が出る、というほど参加者が多い日もあるそうです。(えー??(^^;)

プリントの中の「開場時間までのお詫びとお願い」を読んで驚いたのが…

「5階まで階段を上がっていただくうえ、空調設備など万全でない環境(夏ならクーラーが効いてない暑い場所?冬ならその反対?)で長時間お待ちいただくことになります。決して無理をなさらずご自身の体調管理をお願い致します。」とあります。

係員から受け取った笑点公開録画に関するプリント

920人入れるそうですが580番をいただきました。「お詫びとお願い」を読んでみてくださいね。

本当に列を作って、ビルの5Fまで階段で上がりましたが…結構キツイです。

足腰弱いお年寄りは、難しいのでは?と疑問に思いました。ご注意ください。

スポンサードリンク


座席は自由席、早い者勝ち!

行列のまま、5Fまで階段で上がったあと、開場内の席へ。

私達は579番〜581番目です。全員で約920名ですが、かなり後方の席に着席。

テレビで頭、というか後ろ姿だけ写っている前方に座っている方達は朝早くから並んだんだろうなぁ〜なんて感心しながら、キョロキョロ。

スポットライトが眩しい〜

舞台を観ると…なんか、テレビで見るより小さい、です。。

公開録画が始まる前に

・約2時間半の収録になるので、トイレは必ず済ませましょう。

ただし、会場のトイレは数が少なく、場合によっては他の階まで降りなければなりません。

できれば、後楽園ホールに着く前に済ませた方がいいです。

・番組スタッフから録画中の注意が説明されます。携帯の電源を切る、録画厳禁などです。

また、拍手の練習も行います!!

・前説担当として、三遊亭愛楽さんが登場し、いろんな笑いをとり、会場を盛り上げてくれます。

スポンサードリンク


大喜利の前は?

実際の舞台はテレビで観るより小さいですが、スポットライトが眩しく、華やかな印象ですね。

収録は2週分なので2つの前座がありました。

・コメディパフォーマンス:3ガガヘッズ

・ギター漫才:境 すすむ

ギター漫才が面白かったー!

(*大喜利前の前座は毎回変わります)

いよいよ大喜利の始まり〜

前座が終わると、三遊亭愛楽さんが再登場〜
「トシちゃん」のモノマネをしてくれて、
会場は大盛り上がり!大喜利も2週分の収録です。

そして…番組スタッフが舞台脇で台本をクルクルと回すと、会場みんなで大きな拍手〜

すると…オォー、三遊亭小遊三さんを先頭にテレビで観ている大喜利のメンバーが登場ー!

最後に司会の春風亭昇太さんが登場すると会場は大盛り!!

実際の1回分の収録はテレビよりもずっと長いです。一度終わると全員引き上げ、しばらくすると、再び全員が再登場〜

2週目分の大喜利の始まりです。

面白いので大人なら楽しめますが、小さいお子さんは飽きてしまうかも?

12時半開場から、全ての収録終了は15時過ぎになりました。

約2時間半の公開収録ですが、長いと感じるか?短いと感じるか?個人差があるかもしれませんね。。

まとめ

笑点公開収録観覧についてまとめてみました。

・場合によっては「立ち見」になる場合があるらしい。

・ビル5階まで階段で上がれるか?

・当選ハガキの到着は収録日の約10日前(神奈川県在住です)

・ハガキ応募が当選確率が高い!

・座席は自由。前方に座りたいなら、朝早くから並ぶ覚悟が必要。

・収録時間は2時間半くらいある。

いかがでしたか?

人気番組の収録ですが、実際に生で観るのも面白いし、親近感が湧いて、ますます日曜日が楽しみになりますよ!

東京近郊にお住まいで、笑点を毎週ご覧になってる方〜是非トライしてみませんか?

最新記事☆サバの水煮缶の効果で白髪やコレステロール値の改善ができる!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする